●七里圭監督 連続講座「映画以内、映画以後、映画辺境」のレジュメ、および、「音から作る映画のパフォーマンス上映」(蔵出し原稿)

2019年05月15日

以前、当ブログで、現代日本映画界の異才、七里圭監督が2014年から断続的に行っているユニークな映画講座、「映画以内、映画以後、映画辺境」について紹介したことがある。そのときは、2016年3月24日に渋谷のアップリンクで行われた同講座の第13回の概要を、あくまで私的な拝聴記として書き綴ったのだったが、 

hhttps://bit.ly/2W7M388


その後、七里監督の方から、これまでの連続講座の各回の討議の内容を、その場に直接参加した聴衆は無論のこと、もっと多くの方々にもざっくりと大まかに把握できるよう、短い文章にまとめる要約作業に力を貸して欲しいという話があり、筆者もその作業の一部を手伝いました。ひとまず、連続講座の第1回から第6回までの内容を要約した文章が、七里監督のブログのアーカイヴに最近ようやくアップされたので、映画のみならず、さまざまな文化・芸術や社会全体を取り巻く昨今の潮流の変化に関心と興味のある方は、どうかぜひお読みください(筆者の担当分は、第1回から第4回まで。第5回と第6回の要約を担当したのは、Gucci's Free Schoolの一員としても活躍する降矢聡氏)。

https://bit.ly/2kgi77P


今回のこの要約作業は、既に以前、パンフレットとしてまとめられた、各連続講座の登壇者の全発言採録をもとに行ったのだが、七里監督が毎回、豪華多彩なゲストたちと繰り広げる問題提起と討議は、テーマがあれこれ多岐にわたっていてスリルと刺激に富んでいる上に、一回ごとにそうたやすく結論が出てしまう類いの代物でもなく、その濃密でボリュームたっぷりな内容を、あらためて1000字前後に無理やり圧縮して取りまとめるというのは、こちらが事前に予測していた以上にハードで困難なミッション。できるだけ議論の流れや当日の現場の空気に寄り添う形で、各話者の意見をバランスよく拾い上げるよう努めはしたものの、筆者の個人的な判断と匙加減によって話を強引に整理している箇所もなきにしもあらず、どうかそのあたりは、平にご容赦のほどを。どうもこれだけでは今一つよく分からない、もっとディープに各回の討議の内容を知りたい、と思う方は、ぜひ元の全発言採録のパンフレットの方にもあたってみてください。



****************************************

さて、七里監督は、これらの連続講座と並行する形で、独自のユニークで先鋭的な創作活動にも活発に取り組んでいて、公開の機会を重ねるごとに異なる意匠・趣向のもとに姿を現し、たえず現在進行形として進化=深化し続ける彼の実験的プロジェクト、「音から作る映画」シリーズの最新形態が、今月の半ば、怒濤の3日連続のライブ・イベントとして、原宿のVACANTでお披露目上映=上演される。

  • ●『サロメの娘/パフォーマンス』

    2月17日(金) 19:00開場 19:30開演

    ●『サロメの娘/アクースモニウム』

    2月18日(土) 19:00開場 19:30開演

    ●『Music as film』

    2月19日(日) 17:30開場 18:00開演

個々の作品の内容紹介や会場案内等の詳細は、以下で。

https://bit.ly/2j14Hbz 

いずれも、通常の劇映画の上映とは大幅に様相が異なり、多層スクリーンへのマルチプロジェクション映像と、女優・ダンサーの生の身体表現との合体や、20台以上のスピーカーを駆使した立体音響システム=「アクースモニウム」のライブ演奏、はたまた、国際色豊かな演者たちによるマルチ言語でのボイス・パフォーマンスなど、多種多様で脱領域的な手法を総動員して、映画という表現形式の新たな地平と可能性を切り拓こうとする七里監督の果敢な挑戦は、はたして今回、観客=聴衆をどんな異次元の時空間へといざなってくれるのか、大いに興趣が尽きないところ。その異形の知的アクロバットを全身でこよなく体感するためにも、皆さんもぜひ、自らの五感を研ぎ澄ました上で、会場へ馳せ参じて欲しい。

サロメの娘/パフォーマンス
サロメの娘/パフォーマンス
サロメの娘/アクースモニウム
サロメの娘/アクースモニウム
Music as film
Music as film

[2017.2.6 旧ブログ「In A Lonely Place」にアップ]